背中ニキビを悪化させる成分って何?

背中のニキビ、いつの間にか出来ていて、なかなか治らないし、嫌なものですよね

皮脂の過剰分泌や、外部からの刺激、ニキビケア方法の間違い、など、原因はいろいろと考えられますが、その原因の中に、合っていない石鹸を使っているというものがあるのには、お気付きですか?

 

石鹸やボディーソープが合わないと、お風呂の後に背中が乾燥し、皮脂の余計な分泌を促す、などの、良くないことが起こってきます。
では、合わない石鹸、とは、どのようなものでしょう。

 

背中ニキビを作ってしまう逆効果の石鹸成分は?

 

背中を含め、肌への刺激となってしまう成分があります。
・合成界面活性剤
・鉱物油
・防腐剤
・合成の香料
などが上げられるのですが、これらは、肌に負担になります。
石油製品の品質を保つのに必要だと言われている成分です。
ですが、背中ニキビを考えるのなら、これらを使わない成分の石鹸が理想的。
特に、香料は添加物が多いので、背中ニキビの原因になりやすいと言えます。
また、最近はボディーソープを使われる方も多いかと思いますが、固形石鹸の方が、ラインナップ的に無添加のものが多いので、固形石鹸に変えてみるのもいいと思います

 

 

正しい背中ニキビ石鹸を選ぶには?

 

石鹸を選ぶポイントをまとめてみます。

 

乾燥肌

外的刺激を受けやすい肌なので、保湿力があり刺激の少ない、天然由来成分で作られた石鹸がお勧め。

 

敏感肌

弱い肌をいたわるために、天然由来成分の、無添加石鹸がお勧め。
洗浄力は低くなりますが、刺激を与えないことが大切。

 

脂性肌

石鹸どうのうよりも、スッキリとキレイに洗って、その後に保湿をしっかり行えばいいと思います。
脂性肌だからといって保湿をしないと、余計に皮脂が出るので背中ニキビを生み出します。

 

石鹸の、良くないところと、選ぶポイントをまとめてみました。
洗った後によくすすぐことも、忘れないでくださいね
背中ニキビ対策をしっかりとして、キレイな背中を目指しましょう!
背中ニキビに悩まされている方は、早く治したい!、と、石鹸でしっかり洗っていると思いますが、その石鹸に、良くない成分が入っていることがあるのはご存知ですか?
そのようなものが入っている石鹸で洗い続けたら、背中ニキビは良くなるどころか、悪化してしまいます。

 

背中ニキビの原因となる成分!ここだけは注意しよう!

 

石鹸やボディーソープなどの洗浄するものに、よく使われていることが多い成分について、まとめてみたいと思います。

 

パラベン

酸化防止や、防腐剤として使用される。
皮膚が炎症を起こす可能性がある。

 

セタノール

なめらかな使用感を作るため、乳化安定剤として使用されるが、弱い毒性がある。

 

ジブチルヒドロキシトルエン

酸化防止の役割だが、皮膚の炎症や過敏症になり得る。

 

合成香料

肌トラブルを起こさせやすい。

 

これらは、石鹸などに使われる、良くない成分の一部です。
刺激や毒性があるので、背中ニキビの原因になる可能性があります。
無香料や無添加、と記されているものには、これらは入っていません。
自分の肌質が敏感肌ではないから、と、安心していると、いきなり肌トラブルになることもありますので、気をつけてください。

 

石油製品は安定した品質保持のため、これらを用いることが多いので、背中ニキビを始め、肌トラブルを気にするのなら、石油由来のこれらが入っている石鹸より、自然由来成分で作られている石鹸を使うことをお勧めします。
また、石鹸で洗った後はしっかり洗い流すことと、お風呂上りには保湿を十分にすることを忘れないようにして下さい。

 

 

無添加で安全な背中ニキビに効果のある石鹸ランキング