え?そのパジャマが背中ニキビの原因?

 

パジャマで背中ニキビが悪化するんですか?
ものによって、悪化してしまいます。

 

寝間着に何を着ているのか人それぞれ違うかと思います。

 

最近では何も着ないで寝る人も少なくないですよね。でも、さすがに寒い冬に何も着ないで布団だけで防寒をするのは厳しいかと思います…
よく薄手の防寒シャツとかが流行っているのでそれを着て寝ている人も多いかと思いますが、何の素材、繊維で作られたのかを注意して見ないと、背中ニキビの原因になるかもしれません。

 

寝返りを打って腕を枕にしたりうつぶせになったりは普通にあるかと思いますが、大半の人の寝ているときの姿勢はあおむけの状態が一番長いと思います。

 

つまり、背中と寝間着が密着している時間が長いと言うことです。

 

ただでさえ服と密着して肌が蒸れるとニキビの原因になるのに、その服が石油系の素材を使っていたらもっとひどいことになるのはよく分かると思います。

 

ですが、服に使われている石油素材は、結構誰でも聞いたことがあるものが多いのです。

 

例えば、レーヨンがその代表になります。
化学繊維とは通常の自然繊維だと高く、コストがかかるので出来るだけ安く作る方法はないかと考えて作られたものです。
絹のような繊維を作ると目標にして作られた繊維がレーヨンです。そして、その目標は見事に達成されました。
肌触りがとても良くて、その上安価につくられます。
もともと女性に服に良く使われていましたが最近の男性の機能的なインナーにも多く入っています。女性であれば少し手触りが柔らかい服を発見したらその服はレーヨンか確認してみると
良いと思います。

 

レーヨンの欠点は一度濡れてしまったら乾くのが遅いことです。
つまり、寝間着にレーヨンが多分に含まれていたら汗を吸って乾かずに、ずっと背中と密着したまま何時間も経過してしまい、それがニキビの原因になるのです。

 

そういった日が続くと背中がとても荒れて人によっては無残な背中になるかもしれません。

 

 

さらに、レーヨンを素材にしている服を絶対に登山家などが防寒として使わないのは汗をかいても乾きにくいからです。
雪山や冬場だと汗を吸ったまま乾かず、防寒とは真逆の効果が出てしまいます。
何故レーヨンが防寒やニキビと関係があるのかと言うと、レーヨンを素材にした服が防寒を売りにしているからです。

 

例えば例を挙げるとするとユニクロのヒートテックです。
ヒートテックは薄手なのに、防寒にとても効果があるとして知られていますが、全て化学繊維でできている上発汗するとさらに体温を高めてしまう効果があります。この結果寝ている時は
ずっと汗ばんでいる状態・・・なんてことも。
ヒートテックを寝間着で使用してしまうと背中と密着してニキビが出来やすい肌になってしまう可能性は高いので少し考えたほうがよさそうですね。

 

予防したいなら天然素材の寝間着を使用しましょう。例えばコットン100%などはとても良いですね。

 

関連ページ

胃腸や肝臓の内臓からくる背中ニキビ
内臓や肝臓の調子が悪くなると背中ニキビが出来やすくなるって本当?
季節にかかわらず就寝中は……
冬も夏も関係なく就寝中の寝汗は背中ニキビの原因をつくってしまう大きな原因になります。
オイリー肌の人はホルモンバランスの乱れから?
背中ニキビの原因として多い皮脂の過剰分泌のオイリー肌。実は、このオイリー肌が原因で背中ニキビができてしまうということもあるようなので注意してみてください。
オイリー肌の人がやりがちな行為とは?
オイリー肌だからと言ってこれをしてしまうと逆効果・・・
喫煙者は背中ニキビになりやすいの?
一見あんまり関係のなさそうな背中ニキビと喫煙の県警は?知ると怖い意外な関係…
ボディーソープは体に悪い?
意外に知らないボディソープと背中ニキビの関係!石鹸と実は違うみたいです・・・