タバコと背中ニキビって何か関係あるんですか?

タバコと背中ニキビって何か関係あるんですか?
はい。

 

タバコは肌荒れの大きな原因になります。当然、それは背中ニキビにもつながります。
特にタバコの活性酸素とニコチンは、体内にとっていい影響はひとつもありません。
肌の老化は、酸化していくことが大きな原因として有名です。
ニキビもニキビの芯が酸化していくと、よく言う黒ニキビのもとになってしまいますよね。
そしてタバコについての活性酸素が体の中から外に出ようとするには、毛穴を使います。
その毛穴の中に皮脂が残っていると活性酸素と結合して、過酸化脂質というものに変化します。
毛穴の中に過酸化脂質があると、炎症を起こしてしまって、膿が出る黄色ニキビになってしまいます。黄色ニキビだと跡になって残る可能性が出て来るのは良くご存知ですよね。
そういった肌に良くない活性酸素は毛穴まで到達するのに、ニコチンのせいで肌に大切な血液の循環は悪くなっていくのです。
タバコを吸っている人は分かるかと思いますが(吸い続けている人はもう気づかないかもしれませんが)吸った後は体温が少し下がっているのです。
それは、ニコチンが血の流れを悪くしているからです。血の流れが悪くなると運ばれる酸素や栄養がとても少なくなってしまいます。
当然、全身の新陳代謝も遅くなりますし、肌にいく分の栄養も運べなくなってターンオーバーが乱れて行きます。
ターンオーバーが乱れると古い角質が取れずに肌に残ったままになって、古い角質が毛穴に詰まったり、上手く皮脂が出ずに乾燥肌の原因にもなります。
さらにタバコが及ぼす悪影響は、ニコチンと活性酸素だけではありません。
なんとタバコは体内のビタミンCを急激に減らしてしまうのです。
ビタミンCとはお肌に限らず、体にとって重要なビタミンの一つという事は、とても有名ですよね。
ビタミンCはお肌に大事なコラーゲンを生成させる作用があるのです。

コラーゲンがどれだけお肌に大切かはもう知っていると思います。肌のハリを生み出して、しわを出来るだけ作らなくさせるのが主な役割です。
タバコによってビタミンCが失われると、このコラーゲンの生成量が同じように減っていきます。
そうすると、肌だたるんだり、しわがみるみるうちに増えていきますよね。
ビタミンCが減るのもそうですが、新しい細胞がつくられにくくなったり、不完全な細胞が増えて行ったりして、ターンオーバーが出来たとしても、とても質の悪い肌が出来て行きます。
そうなると、ニキビになるのはもちろん、ニキビ跡も全然消えないまま過ごすことになります。

 

具体的にはタバコを1本吸い切るとビタミンCをおよそ50mgも消費します。
これは4本吸い切るとすると、1日に必要なビタミンCを全てタバコに持っていかれることになっているのです。

 

ニキビに限らず、タバコは体にとって、良いことは一つもありません。
なので、量を減らしながら、いつかは完全に吸わなくて済むようになると絶対今後のためにもなるので、少しづつ減らすのはお勧めですよ。

 

関連ページ

胃腸や肝臓の内臓からくる背中ニキビ
内臓や肝臓の調子が悪くなると背中ニキビが出来やすくなるって本当?
不潔なパジャマには要注意
毎日パジャマを洗っていますか?背中ニキビの原因は汚い環境からです。とくに寝ているときの汚い環境はどうにかしたいものですね。
季節にかかわらず就寝中は……
冬も夏も関係なく就寝中の寝汗は背中ニキビの原因をつくってしまう大きな原因になります。
オイリー肌の人はホルモンバランスの乱れから?
背中ニキビの原因として多い皮脂の過剰分泌のオイリー肌。実は、このオイリー肌が原因で背中ニキビができてしまうということもあるようなので注意してみてください。
オイリー肌の人がやりがちな行為とは?
オイリー肌だからと言ってこれをしてしまうと逆効果・・・
ボディーソープは体に悪い?
意外に知らないボディソープと背中ニキビの関係!石鹸と実は違うみたいです・・・